自然療法研究所付属 八王子漢方クリニック

東京都八王子市明神町3-14-11 フラワーヒルズ202

WEB
予約
電話予約
(スマホ)
診療案内
診療時間
アクセス
問診表

感情と気

茅場町に用事があったので、久しぶりに小網神社に行ってきました。すっかりきれいになっていて平日の昼間でもお参りの方がちらほら。八丁堀にいた頃はよく行っていたのでもう7,8年経つんですね。強運厄除けの神社で気の反応もとてもいいです。

IMG_1259

遠隔で気を送ってください!と言われることも多いのですが、できるだけ自力で元気になって頂くようにしております。「顎マッサージ」を初めとする養生とそれを応援する漢方で気の反応をよくすることができます。

遠隔はどうしてもエネルギーがない方、急を要する方には応援として行っています。徐々に減らしていきますが。

ところがなかなか良くならない方がいらっしゃいます。気持ちの問題が強い方です。例えば養生、漢方、そして遠隔気功を致します。次の瞬間に、怒り、恐れ、憂い、不安などの感情の中に埋没してしまったら、元の木阿弥。もちろん少しずつは改善していきますが、改善のカーブが気持ちが元気な方に比べれば雲泥の差。

先日も知り合いから、「気を送ってね~。眠れなくて胃が痛くて困っているの~」とSOS。「う~ん送るけど、その眠れなくて胃が痛い原因解決の目途あるの??またはストレス発散できる??」「できない・・・」「そりゃあ無理ってものよ。だって私が気を送った途端に、ストレスの元のこと考えたら元に戻っちゃうもの」

そんな会話を致しました。ストレスのない人生なんてありえない。考え方や捉え方を変える!ストレス発散に好きなことをする!これが自分の人生と諦める。神様に委ねる。そういう風にしてストレスの元をもとにしないようにしていくしかないのです。解決できるなら解決してね。

2千年以上前の本に、内因(自分の感情)が病の原因であると書かれた東洋医学の本につくづく感心する私です!

関連記事

  1. 西洋の思想と東洋の思想の類似点

  2. 東西の自然観や宗教の違い

  3. 養生ティサロン

PAGE TOP