自然療法研究所付属 八王子漢方クリニック

東京都八王子市明神町3-14-11 フラワーヒルズ202

WEB
予約
電話予約
(スマホ)
診療案内
診療時間
アクセス
問診表
症例

検査では異常なし

IMG_1905 樹齢500年のさつき(奈良 岡寺)

50代女性。半年前から顎から耳の痛み。舌の痛み。頬がうずく、時々頭痛。激痛が襲ってくることがある。日によって痛みの場所が変わる。

検査をしても異常なし。

家でいろいろあって忙しい。痛み止めを飲んでも変わらない。

そんな方を気診させて頂きました。肝気うっ血。腎虚、風邪(ふうじゃ)

痛みのある場所は経絡の胃経に沿って胸鎖乳突筋、目の下あたり、顎関節あたり。やや胃腸が疲れているのかもしれません。

気診で合わせて漢方は香蘇散、加味逍遥散、六味丸 いずれも少しずつです。

1週間くらいでやや改善。遠距離の方で先日3か月ぶりに見えました。もうひどい痛みはなくなり時々うずうずするくらいとのこと。すっきりしたわけではないけれど辛さはだいぶ減ったとのこと。顔色、顔つきもよくなっていました。ご飯も美味しくなったとのことです。

初回やや熱が上に上がっているのに一生懸命温めていらしたのでそれは辞めて頂き、力を抜くことをお願いしました。

今回の養生は呼吸法。少しずつパワーアップして頂くようお願いしています。漢方も桂枝茯苓丸と六味丸に変わりました。

肝の気が滞ると色々な愁訴が出てくるのですね!

関連記事

  1. 西洋の思想と東洋の思想の類似点

  2. 東西の自然観や宗教の違い

  3. 養生ティサロン

PAGE TOP