自然療法研究所付属 八王子漢方クリニック

東京都八王子市明神町3-14-11 フラワーヒルズ202

WEB
予約
電話予約
(スマホ)
診療案内
診療時間
アクセス
問診表
漢方

腎虚

お陰様で2月12日(月祝)の自然療法講座は満席となりました!

ありがとうございます!

 

さて冬になり、外はとても寒いです。

今年の冬がなぜか寒く感じるのは私が年を取ったからなのか、はたまた本当に気温が低いのでしょうか?

陰陽五行でいいますと、冬は「腎」がダウンします。

腎は寒さに弱いのですね。

そこで冬の養生の一番は「温め」

外から温め、中から食事や漢方で温め、冷たいものを避け、冷える場所は避けるなどが冬の養生になります。

ところがつい、冬でもビールを飲んでしまうんですね。

1杯ならまだしも、2杯、3杯と飲んでしまうとお腹の中は冷え冷え状態です。

せめて食べるものは温かいものに致しましょう。

鍋がオススメですね!

さてしかし、温め過ぎても腎をダウンさせてしまいます。

腎は水を回すところですから、温め過ぎて水不足になってしまうと今度はかさかさ、かゆくなってしまいます。

温かい水分を取りながら、体を温めるのが必要です!

そしてもう一点大事なことは「腎」を守るには塩が必要なんですね。

いい塩梅!適度なお塩は身体を温めます。

そして腎虚の漢方は六味丸・八味丸。

12月に入って六味丸だった方も温める効果の強い八味丸に変わっています。

何だか効きが悪いなあと思ったら確認してくださいね!

関連記事

  1. キブツ八ヶ岳

  2. 新しい知のパラダイム

  3. 3月施術予定

PAGE TOP