自然療法研究所付属 八王子漢方クリニック

東京都八王子市明神町3-14-11 フラワーヒルズ202

WEB
予約
電話予約
(スマホ)
診療案内
診療時間
アクセス
問診表
講座

質問する!

講座の中で、私が一方的にお話するとなかなか受講生の皆さんのお腹に落ちません。

そこで、私が色んな角度から質問するようにしています。

そうすると自分の中に答えがないことに気付くし、また答えを探そうとすることでどこに書いてあるかを調べることができます。

自分の体験が一番よいお勉強になるのですが、いくつも体験できるわけではないのでこんな形で進めています。

 

言葉は流れてしまうので、自分で考えたり調べたりすることで身に付いていきます。

例えば先日の3年生漢方講座。

体の一番表面についた風邪(ふうじゃ)は太陽病。

さらに一段下がった時に使う漢方は「何剤」というでしょうか??

 

ちょっと角度を変えると難しくなります(笑)

答えは「柴胡剤(さいこざい)」

少陽病に使います。

 

今後もますますこの方法を使っていきたいと思っています。

 

最初の写真は自宅近くに止まる“つぐみ”です。おもちゃの鳥みたいですね!

関連記事

  1. 西洋の論理と東洋の直観の接近

  2. お知らせ~活き活きLAB~

  3. 現代西洋医学の危機の克服

PAGE TOP