自然療法研究所付属 八王子漢方クリニック

東京都八王子市明神町3-14-11 フラワーヒルズ202

WEB
予約
電話予約
(スマホ)
診療案内
診療時間
アクセス
問診表
漢方

感覚を大事に!

患者さんが漢方を手にした時、

「温かい」

「軽いです」

「気持ちよい」

「楽になった」

「呼吸がしやすい」

などの表現をしてくださいます。

誰でも感じる力を持っていて、その感じたものや患者さんの状態をこちらは気診でとらえているだけなのだと思っています。

とらえる側のセンサーが狂っていては間違いが起こりやすいので、いつもよい状態に持っていくことが修行。

患者さん側にも感じる力をアップして頂くよう呼吸法をしたり、意識を身体に向けたりと感性を高めることをお願いしています。

漢方が変わって味が変わる、いやな感じがする、そういったことをキャッチできるようになって頂けるとより改善が早まります。

以下は興味深い記事があったのでご参考までに。

感性

 

関連記事

  1. お知らせ&5月の施術予定

  2. 西洋の思想と東洋の思想の類似点

  3. 東西の自然観や宗教の違い

PAGE TOP