自然療法研究所付属 八王子漢方クリニック

東京都八王子市明神町3-14-11 フラワーヒルズ202

WEB
予約
電話予約
(スマホ)
診療案内
診療時間
アクセス
問診表

意識の向け方

東京は桜が満開というのに肌寒いです!

桜が長持ちしてくれるかもしれないですね。

 

先日、足の小指を思い切り角にぶつけました(泣)

体験した方はわかると思うのですがすごーく痛いのです。

時々やってしまいます。

あっという間に紫色に腫れあがりました。

そんな時は「治打撲一方(じだぼくいっぽう)」

何と打撲を改善する漢方があるのです。

ぶつけたところは瘀血になるのでそれを便と一緒に出してしまうのです。

ぶつけて少し経つと漢方が合うようになりますのでそれから飲みます。

 

そしてもうひとつすることは、気を流してあげます。

指先から邪気が出るように随時流し続けます。

 

でも一番大事かなと思うことは、意識をそこに持って行かない。

いつもいつも足のことばかり思っていると痛みが増幅するように思っています。

他にことに集中する、別のことを考える、気にしない・・・

普通に歩けるし、何もしなければ痛みもないので、いずれ治ると気にしない。

まだ何かの拍子で痛いですが、意識をそこに向けないと気も楽です!

色々なことに通じるなあと思っています。

 

関連記事

  1. お知らせ&5月の施術予定

  2. 西洋の思想と東洋の思想の類似点

  3. 東西の自然観や宗教の違い

PAGE TOP