自然療法研究所付属 八王子漢方クリニック

東京都八王子市明神町3-14-11 フラワーヒルズ202

WEB
予約
電話予約
(スマホ)
診療案内
診療時間
アクセス
問診表
漢方

漢方も副作用がある

 昨日は月に一度の漢方の勉強会。無門塾でした。

 ウチダ和漢薬の方が、最近症例報告されている漢方の副作用に話して下さいました。


 漢方というと効き方もも穏やかだけど、副作用がないイメージなんですがそんなことはありません!合わない漢方では胃の症状や吐き気などもでますし、様々な副作用の可能性が本に書いてあります。


 昨日のお話は、IMP-特発性腸間膜静脈硬化症。

 簡単に言えば、腹部にある静脈の一部が硬くなって、腹痛、下痢、便秘、腹部膨満、下血などの症状がでること。


 最悪の場合は大腸の切除を行う。


関連記事


 原因に漢方の中のサンシシという生薬が疑われています。

 患者さんはいずれも10年近くその生薬が入った漢方を服用しているそうです。


「硬くなる」 これはキーワードですね。

 つまり気診で見て硬くなるは、オーラも硬くなる、筋肉も硬くなる、組織も硬くなる、そして細胞も硬くなるのだと、私は仮説をたてています。


 合わない漢方を大量に長年飲んだら、当然どこかに異常が出てくるものと思います。


 自分にとって合っているか、合っていないか、ご自身のセンサーを高めることが重要です。


 ちなみにサンシシが入っている漢方で有名なものは、

 加味逍遥散、黄連解毒湯、清上防風湯などです。

コメント

この記事へのコメントはありません。

関連記事

匙加減

気診

血虚①

  1. キブツ八ヶ岳

  2. 新しい知のパラダイム

  3. 3月施術予定

PAGE TOP