自然療法研究所付属 八王子漢方クリニック

東京都八王子市明神町3-14-11 フラワーヒルズ202

WEB
予約
電話予約
(スマホ)
診療案内
診療時間
アクセス
問診表
クリニック

天クリニック 今後の目指す道④

 クリニックのお披露目会では20分ほど話しただけなのですが、文章にすると長いですね!


 次は気が乱れている時に起こることを離しました。

 頭の上から足の先まで、自分の弱いところに症状は出ます。

 たいていは風邪(ふうじゃ)がくっついて離れなくなることで起こります。


 頭が重い、頭が痛い、首が痛い、目が痛い、喉の違和感、目が見えにくい

 耳が聞こえにくい、鼻がつまる、声が出にくい、肩が凝る、関節が痛い

 筋肉が凝る、歯が痛い、身体が痛い、手足が冷える、胃が重いなどなど


 色んなところに風邪はつきます。風邪ですから取れれば改善します。

 もし改善しなければ、それは身体の中の問題、気血水の異常と考えます。


 ではなぜ気が乱れるのか?

 

 一番は冷えていること

 そして呼吸が浅いこと、身体に合わないものを食べていること、

 そして、私が一番強調している「かみしめ」です。


 その他にも激しい感情やストレスなどが考えられます。

 理由を見つけることが改善にとって重要です。


 いつも怒ってあかりいる人は、いくら気を調えてもすぐに気が乱れてしまいますから、怒りをおさめなければなりません。怒りが自分の身体に影響があることを知る必要があります。


 気診は、どこがどうして悪いのか、何をしたら改善するのか、さらにそのことによって改善したかどうかがわかります。


 さらに身体によいものもわかります。

 この7年あまりで気のよい商品をいくつか見つけました。でもそれはほんのわずかしかありません。

 気診で推奨している商品は、健康ふりかけ、洗剤ブリエ、ごまとはちみつのごまハニー、ピースエイトのふくらはぎサポーターと腹巻です。


 自分に合ったものを選んで活用すればよいです。

 気が改善してくると


 身体が温かくなる

 痛みが取れる

 不定愁訴がなくなる

 元気が出る

 疲れにくくなる

 やる気がでる


 というわけで自然治癒力がアップすると考えられます!!

                                 (つづく)

コメント

この記事へのコメントはありません。

クリニック

天クリニック 今後の目指す道④

 クリニックのお披露目会では20分ほど話しただけなのですが、文章にすると長いですね!


 次は気が乱れている時に起こることを離しました。

 頭の上から足の先まで、自分の弱いところに症状は出ます。

 たいていは風邪(ふうじゃ)がくっついて離れなくなることで起こります。


 頭が重い、頭が痛い、首が痛い、目が痛い、喉の違和感、目が見えにくい

 耳が聞こえにくい、鼻がつまる、声が出にくい、肩が凝る、関節が痛い

 筋肉が凝る、歯が痛い、身体が痛い、手足が冷える、胃が重いなどなど


 色んなところに風邪はつきます。風邪ですから取れれば改善します。

 もし改善しなければ、それは身体の中の問題、気血水の異常と考えます。


 ではなぜ気が乱れるのか?

 

 一番は冷えていること

 そして呼吸が浅いこと、身体に合わないものを食べていること、

 そして、私が一番強調している「かみしめ」です。


 その他にも激しい感情やストレスなどが考えられます。

 理由を見つけることが改善にとって重要です。


 いつも怒ってあかりいる人は、いくら気を調えてもすぐに気が乱れてしまいますから、怒りをおさめなければなりません。怒りが自分の身体に影響があることを知る必要があります。


 気診は、どこがどうして悪いのか、何をしたら改善するのか、さらにそのことによって改善したかどうかがわかります。


 さらに身体によいものもわかります。

 この7年あまりで気のよい商品をいくつか見つけました。でもそれはほんのわずかしかありません。

 気診で推奨している商品は、健康ふりかけ、洗剤ブリエ、ごまとはちみつのごまハニー、ピースエイトのふくらはぎサポーターと腹巻です。


 自分に合ったものを選んで活用すればよいです。

 気が改善してくると


 身体が温かくなる

 痛みが取れる

 不定愁訴がなくなる

 元気が出る

 疲れにくくなる

 やる気がでる


 というわけで自然治癒力がアップすると考えられます!!

                                 (つづく)

コメント

この記事へのコメントはありません。

関連記事

  1. 西洋の論理と東洋の直観の接近

  2. お知らせ~活き活きLAB~

  3. 現代西洋医学の危機の克服