自然療法研究所付属 八王子漢方クリニック

東京都八王子市明神町3-14-11 フラワーヒルズ202

WEB
予約
電話予約
(スマホ)
診療案内
診療時間
アクセス
問診表
気診

血虚①

爽やかなお天気です。

どこかで日向ぼっこでもしたい気分です(笑)

さて今回から気血水の異常は「血」に入ります。

まずは血虚~血が足りない~です。西洋医学でいう貧血のイメージですね。

実は私も何年か貧血で悩みました。

血液検査のたびに貧血でひっかかり、鉄剤を飲めば胃が痛み、食事が足りないのかと気をつけ・・・。

でも結局良くなったのは身体の温めでした。

冷えとは恐ろしいものです!

ではまとめです。

 

【血虚】血が不足して心身に潤い不足を起こす

疲労や睡眠不足、偏った食生活などで血の産出が不足。月経やケガなどの出血で血の量が足りなくなると、血虚になる。

 

(症状)顔色が悪い、貧血、たちくらみ、冷え、精神的にも不安定、寝つきが悪い、

眠りも浅くなる、肌が乾燥しやすい、髪がパサつき抜けやすい、爪も割れやすい

生理不順、月経痛、不安感、不安、自律神経失調症、眼精疲労、ドライアイ

円形脱毛症

 

(養生)温める、食事

早めに寝る、目の使いすぎを控える

心労をためないよう心掛ける

 

 

(漢方)補血剤―四物湯、芎帰膠艾湯、芎帰調血飲、当帰飲子、七物降下湯

 

気血双補剤―十全大補湯(四物湯+四君子湯+桂皮+黄耆)

帰脾湯、加味帰脾湯、人参養栄湯

 

 

(ツボ)血海、百会、肩ぐう

関連記事

  1. 太極の思想

  2. 東洋医学の直観の可能性

  3. 養生ティサロン開催(「がん」心の相談室)

PAGE TOP