自然療法研究所付属 八王子漢方クリニック

東京都八王子市明神町3-14-11 フラワーヒルズ202

WEB
予約
電話予約
(スマホ)
診療案内
診療時間
アクセス
問診表
養生

お詫び&自然治癒力アップ(15)食養生

先日ご紹介したはせがわさんのご本、本の中の特典ダウンロードURL をクリックしても
特典ダウンロード画面に飛ばないことがわかり、
急遽、修正出版致しました。
既に修正されています。

はせがわさんより以下のメッセージです。

早々に(11月2日〜4日)ご購入いただいた方も
そのURLを手入力していただければ、
特典登録画面が表示されるのですが…
お手数をかけます。m(_ _)m

*****

そこで、
99円キャンペーンを11月末日までとさせていただきます。

☆【 Amazon Kindle ランキング8部門1位 】感謝
☆  修正出版のお詫び
☆  11月は、私の誕生月であること

などを鑑み

*****

よろしくお願い致します。

☆ ご購入URL ☆

http://urx2.nu/N2aY

 

 

さて気診の食養生は、東洋医学の五行と気血水から食材を選んでいます。

お一人ずつ弱っている臓腑や、気血水の異常が異なります。

気診で捉えた状態から、例えば肝を元気にするものから更にその方のその時におススメの食材を選択していきます。

例えば

冷えてエネルギー不足。腎虚

そんなときはしじみが合うことが多いです。

 

秋になって空気が乾燥。

少々のどに違和感。

肺の機能ダウンとみてかぶや大根が合いました。

その時身体が必要なものを食べて頂くと、気が調って改善が早くなるのです。

 

ちなみに各季節に落ち込む臓腑とおススメ色と味は

春は肝、緑のものや酸っぱいものがおススメ。

夏は心、赤いものや苦いものがおススメ。

秋は肺、白いものや辛いものがおススメ。

冬は腎、黒いものや塩のものがおススメ。

そして季節の間の土用は、脾、黄色いもの、甘いのものおススメ。

 

その方の状態と季節によって合うものを調べています!

 

関連記事

水毒

  1. 養生ティサロン報告

  2. 遠隔気功体験談

  3. 6月の施術

PAGE TOP